心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

2017年10月

小学生の時、同じクラスに軽度の知的障害があるA君って子が居た。 本当なら特殊学級ってのかな、そういう所に行くべきなんだろうけど、うちの学校は当時そういうのなかったし、憶測だけどA君の親御さんも、なるべく普通の学校で学ばせたいという思いがあったんじゃないかな ...

一昨年婆ちゃんが死んだ。高齢だったし、震災の心労もあったのかあっけなく逝ってしまった。 それでも残された爺ちゃんは元気だった。90歳を超えても爺ちゃんは聡明で思慮深い、尊敬できる人だった。 俺が小さい頃には英語や漢字の読み書き、相撲のルール、俳句、戦争の話 ...

埼玉県西部にある国道の整備で、道沿いの山の中に管理事務所立てて夜間も作業してた。 夜勤以外の大半の者は家に帰ったり、近くの町のビジホとかに泊まった。俺は元請の責任者とこの事務所に寝泊りしてた。 夜勤のある平日は夜中も誰かしら事務所にいて何事もなかった。  ...

連日の出来事で疲れていた私はベッドに入るとすぐに寝入ってしまったようで、その間に不思議な夢を見ました。 初老の男性が私に仕切りに頭を下げる夢を見たのです。 翌朝、夢の内容を覚えていた私はあの時の仏さんかな?っと思い、 不思議なこともあるもんだなぁ・・・とあま ...

俺が毎日通勤に使ってる道ある。田舎だから交通量は大したことないし歩行者なんて一人もいない、でも道幅だけは無駄に広い田舎にありがちなバイパス。 高校時代から現在(27歳)まで毎日といっていいほど使っている道だから、その日も特になにも考えず車で通勤。このときは何 ...

もう6年ほど前の事なんですが… 当時私は趣味のカメラを片手にバイクで走りまわっておりました。 ある日、先輩と一緒に廃墟撮影に行こうということでとある旅館跡へバイクを走らせました。昼過ぎに到着し、ちょっと藪こぎをして廃旅館へ。 先輩は何度か来たことがあるよう ...

友達とドライブに行った時の事です。あちこちを回って夜になり、それでも何となく帰る気がしなかったのでテキトーに車を走らせていました。帰る気はしなくても運転の疲れがあったのでどこかで休憩しようというような話をしていたと思います。 近くに空地があるということで ...

昔住んでたド田舎にキチ○イ山と呼んでた山があった。 以前その山に精神病院の隔離病棟があったから、そう呼ばれているんだけど。 当時、原チャ2台に5人でうろついていたら、ミニパトに追いかけられたんだよ。 ミニパト分かる?婦警さんが乗ってるようなパトカー。 で ...

俺が小学校6年の時、今からだいたい15年程前の話だ 2年に1度、夏休みに母親の実家である山形県の飛島って離島に家族4人で帰省してた その年も、いつものように飛行機、バス、電車を乗り継いで酒田市へ。 帰省の初日は酒田の叔父の家で一泊する そして翌日の朝の便で、飛 ...

その日は友人がアパートへ泊まりに来ていた。 深夜2時頃まで飲み、酔い覚ましをかねてコンビニへ行く事に。 コンビニまでは住宅街を1kmほど歩かなくてはならない。 しばらく歩いていると妙な音が聞こえてきた。 カラカラカラカラカラカラカラカラカラ・・・・・・ 深夜 ...

じぃちゃんが入院したのでお見舞いに行った。 病室に入り様子を見ると、じぃちゃんは以外と元気そうだ。 しばらく話をしていると、じぃちゃんがこんなことを聞いてきた。 「 Mはんは、どない感じや? 」 Mさんとは隣のベッドにいるおばあさんらしい。どこの誰かまでは ...

俺、ダム好きでね。休日になるとデジカメもってダムの撮影に出かけるんだわ。l そんでもってその写真でブログもやっている。 その日出掛けたのは、N県のとある超有名な国立公園に行く途中にあるダムで、ダムが3つと1つの取水堰(ダムの小さなものと考えておいて)がある。 ...

関西の火事で有名なビル内で数年前勤めていたときのことです。 新人で入った当時そこが火事現場で色々噂のある場所というのはすっかり忘れてました。 一日目:何だか体がめちゃくちゃダルいのと空気がどんよりしてるなと思いながら初日なのでとにかく必死で接客 二日目: ...

10年位前の話になりますが、当時私の小学生の弟(A)がよく学校で怪我をしてきました。 怪我も転んだりして出来る傷ではなく、カマイタチというのでしょうか。何かに切られた様な傷を週に2、3回作ってくるという事が2、3ヶ月続きました。そんな時、私が学校から帰ると、家に親戚 ...

静岡県の東田子ノ浦駅前に、『六王子神社』という社がある。 この神社の縁起が恐ろしい。 その昔、この地域では沼の龍神に生贄を捧げる儀式があった。 ある年、関東から京都へ巡礼に向かう旅の途中だった七人の巫女たちが、生贄を決めるクジを引かされることになった。  ...

中学一年生の頃、私(女)はいわゆる、ぼっちという奴だった。 完全に一人というわけではなくて、友達と普通に話したりはするけれど、特定のグループには所属していない、準ぼっちの立ち位置。 話しかけられれば話すけど、自分から友達に歩み寄ることはなかった。 ぼっちの ...

大学の夏休みに短期ボランティアで東南アジアに行った時の話です 俺たちのグループはベトナム、カンボジアときて最後にインドネシアへ向かった。 滞在は2週間ほどで、最初は市街地で活動していたんだが、ラスト5日ほどは地方で学校の手伝いをすることになった。 そこは ...

俺の親戚に元刑務官って人がいる。 その人が言うには、刑務官の仕事って受刑者を監視する事じゃなくて、受刑者に人の温かみを教えるのが本当の仕事らしい。 そんな叔父は時間があれば、受刑者の話を聞いていた。 話す内容のほとんどは、受刑者の犯した罪についてがダント ...

去年の年末の話。 俺が務めている部署に新入社員が一人入ってきたのよ。中途でね。洒落たメガネをかけた今時の青年だった。 俺が教育係を任されたんだけど、仕事は凄い出来るのね。俺入社3年目なんだけど、俺の1年目とは比べ物にならないくらい出来るのよ。こりゃーいい ...

終電の一個前の電車に乗ってた時のこと。 電車内には俺と、右斜め前の対角線上の席に座っている、酒を飲んでる汚いおっさん一人。電車ん中で酒飲むなよと思ったけど臭いも届かないしまあ良いか~って感じで携帯見てすごしてた。ちょっと恋愛関係で良いことがあった帰りだっ ...

↑このページのトップヘ