心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

2019年01月

俺はいつも海水浴場から少し離れたテトラポットの周辺を釣り場にしていた。 その日は薄曇の日で泳ぎに来てる人は殆どいなかったけど、一人だけやけに遠くを泳いでるのが見えた。 波が立つ度に覗く頭や手足を見て、それが友人だと分かった。  ...

私は所謂「見える人」だ。と言っても「見える」「会話する」くらいの事しか出来ないが。 私が体験した中でなかなかレアなものを一つ。小学校4年生くらいの頃の話。 古都に越してきて1年ほど経った時分。夕方、学校から帰ってドラゴンボールの再放送を鼻息荒く見ていた。  ...

友人と一緒にカエル捕りに行き、俺達は狭い踏み切りで足止めされてあのカンカン言う音を聞いていた。 友人はとにかくバイトをいくつもいくつも掛け持ちしていて、パン工場や印刷工場、 洗濯工場に清掃と、その時々で時給や日給の一番良い物を厳選していたのだけど、 それ ...

神棚がある家は沢山あると思う、あそこには律儀にちゃんと神様がいて私は家神様と呼んでる。 他に土地神様がいて、土着神さまなんて大層なものではなく個々に縄張りがあるよ的な考えでいい。 当たり前だけど土地のうえに家を建てるから、家神様と土地神様は提携を結ばなけ ...

僕は師匠に続いて部屋の外へ出た。そしてボロ軽四の助手席に滑り込む。外は暗かった。月明かりが雲に半分遮られている。車を発進させながら、師匠は言った。 「感じたのか」 「はい」 「これは霊感じゃないぞ」 霊感じゃない? そう言われて、腑に落ちるものがあった。 ...

僕はオカルト道の師匠から頼まれて、現像された写真を受け取りに行った。 店舗にではない。普通のマンションの一室にだ。表札もないその部屋のドアをノックすると、しばらくして中から返答があった。 「なんだ」 わずかに開いたドアの隙間からチェーン越しに、陰気な肥満 ...

依頼人は俯いてそっと息を吐いた。まるで凍えているような口元の動きだった。 話が終わったことを確認するためか、師匠はたっぷり時間を開けてから口を開いた。 「お祖母ちゃんではなかったと?」 「はい」 声が震えている。 「棺おけの中にいたのは、祖母ではありませ ...

その女性は五十代の半ばに見えた。 カーキ色の上着にスカート。特にアクセサリーの類は身につけておらず、質素な装いと言っていい。 「こんなお話、していいのか…… ごめんなさいね。でも聞いていただきたいんです」 癖なのか、女性は短くまとめた髪を右手で押さえ、話 ...

山村で生まれ育った爺さんがまだ少年だった頃、テツという犬を育てていた 朝と夕方にテツと散歩をするのが爺さんの日課だったんだけど、長雨の後、数日振りに散歩へ行くとおかしな物を見つけた 川の澱みに何か黒っぽいものが浮かんでいたそうだ 「土左衛門か?」と思って ...

彼が幼い娘さんをドライブに連れて行った時のことだ。 山頂に造られた公園に車を停め、そこの遊具で遊んでいた。 夕方になり、そろそろ帰ろうかと考え始めた頃合。  ...

現在祖父は87歳、祖母が82歳になるが、二人とも足腰もしっかりしており畑仕事もこなせるほどに健康的。オカルトの類はあまり好きではないらしく素面では全く話してはくれないのだが、酒の席になると昔体験した不思議な出来事を話てくれたりする。 今回はキツネに関連するオ ...

自動車運転免許を取って以来、もう6年近く愛車のジムニーを転がして 各地へ旅へ出たり、林道やクロカンを楽しんでおります。 以前、近くの山に結構難所の多い林道があると仲間内から聞き、練習がてら 何度かその山に入っては遊んでいました。  ...

↑このページのトップヘ