心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

2019年11月

小学生の男の子で友達が学校に宿題を忘れてしまったため友達と主人公を含め5人で学校へ取りに行く道中で学校の怪談について盛り上がったりしていると、奇妙な老人が現れる ...

明治の頃、山で乞食達が四、五軒の粗末な小屋を建てて集落にした近くの村の人々は当初気にもとめていなかったが元軍人らしい上品な人物が身をやつしてそこに住むようになったというので噂くらいしか娯楽のない田舎のこと、皆かわるがわる様子を見に来るようになった ...

ご維新が終わり代官がいなくなり、世の中落ち着いてきた頃というから明治の初めの頃だろう俺の地元と近隣村と、若者ばかり十人程で伊勢参りする事になった。 ...

彼は昔、狐に憑かれたことがあるという。「と言っても、自分は何も憶えちゃいないけどね。 突然、意味不明なことを叫びながら、天井まで跳び上がったりしたとか。 まだ元気だった祖父ちゃんが、俺を柱に縛り付けて大量の線香で燻したんだと。 『狐め、孫から出てけぇ!』 ...

おれの家は群馬の豪族だったので、けっこうしきたりに忠実で、おちぶれても「七五三」の祝いとかもキチンとやる。おれが数え年3歳のとき、近所の神社で「髪置きの儀」をやりに、祖父母、母、おれの4人で行った。親父は仕事だったので来られなかった。母に手を引かれておれ ...

ずいぶん前のことだが、中学の夏の合宿で「氷川キャンプ場」に行った。当時は今ほどアウトドアの安全管理概念が発達してなくて、むきだしの川原にテントを張った。 ...

↑このページのトップヘ