SHI863_jimejimeochiba15045040_TP_V

父ちゃんから聞いた話 

父ちゃんがまだ山一つ向こうの小学校に通ってた頃、毎日が冒険だったそうな 。

猿や鹿なんか日常茶飯事で、小熊や猪に遭遇したことも二度や三度ではなかった 。

そんな山の通学路で一度だけ人のようなもの、に会ったことが会ったらしい 。

もちろん顔見知りの村の人間でもなければ、見たところ麓の人間でもない 。

なぜなら一糸纏わぬ、所謂全裸で木にぶら下がってニヤニヤ父ちゃんを見下ろしていたんだそうだ 。

幼い父ちゃんはこれが世に言う物狂いだと、目をそらして急いで素通りしようとしたんだけど、目があった途端恐怖で足がすくんで動けない 。

泣いて走り出そうとしても声の一つもあげられなかったそうだ。

しばらく見つめあってると、唐突にそいつが木からノソノソと降りて来て、自分の方へニヤニヤしながら向かってきた 。

父ちゃんは身動きが取れないまま、でもそいつから目を離したら殺されてしまうと思い、一生懸命、幼いながらも死に物狂いでそいつを睨み付けていたそうだ 。

しかし、さすがにそいつが目の前に、父ちゃんの顔に鼻がつきそうなほど近くに顔を寄せて来た時は耐えられなくなったらしく、

ついギュッと目を閉じてしまった。

すると、耳元でそいつが囁いたらしい 。

「入れてくれろ」 

余りの怖さからなのか、自然と口から悲鳴が出て、声に遅れて身体も動くようになったらしく、目の前のそいつを突き飛ばして家まで大声をあげて走ったそうだ 。

それから、その事を爺ちゃんと婆ちゃんに話すと村総出で山狩りが行われたそうなんだけど、

結局そんな人は見つからなかったらしい 。

あの時は本当に怖かった、あの囁き声は今でも覚えてると、ビール片手に父ちゃんが話してくれた話でした 。

ただ一つ気になるのは、父ちゃん曰く、その人、みたいな物、には瞳がなかったということ 。

恐怖で記憶が改竄されてしまったのか、それとも訳有りで山に捨てられてしまった人なのか、それとも… 

その話を聞いてしばらくは木の上を見るのが怖くなったのはここだけの話です 。