AMEakinoyugure_TP_V

もう20年も前の話です。当時、私は、中学生でした。 

デカバス(当時は40upですね)をよく釣っていたので、校内の少年バサーの中では、まぁまぁ知られた存在でした。 

皆は、野池で20cm前後のバスを釣ってましたが、私は、自分だけの秘密の場所(河川)でデカバスを釣っていました。

その場所に行く為には、深い竹やぶを抜けて行かなければならないのですが、日中でも光が抜けて来ない為、道中は暗く非常に気味が悪いのですが、 

川まで出れば明るくなるし、何よりデカバスがサイトできるので、いつも我慢して足早に抜けていました。 

釣り場は、竹やぶの際で、足場の高さが2m位でオーバーヘッドキャストがなんとかできる広さがありました。 

正面の川の中には大きなオニギリ型の青い岩があり人為的に巻かれたと思われる非常に古いボロボロの縄が巻いてありました。 

ある日、私はミスキャストでこの縄にコネリーⅡを引っ掛けてしまい竿を大きく煽った拍子にこの縄をブチ切ってしまいました。 

それから1ヶ月位してそのポイントにも他人が入るようになりました。 

早い時間に行かないと私自信が其処に入れないため、ある日、思い切って午前4時前後に其処に釣りに行きました。 

釣りを開始してからオーバーヘッドキャストで数投していると、振りかぶった時にルアーが必ず後ろの何かに引っ掛かってから出て行く感覚がありました。 

気になったので後ろを見ました。 

その時、私が見たのは真っ暗な竹やぶでした…引っ掛かるようなものはありませんでした。 

「???」 

キャストを再開するとまた引っ掛かる…
 
キャスト時の引っ掛かりに違和感を覚える度に後ろを確認するのですが、見えるのは深い竹やぶの闇… 

「何も無い??何に引っ掛かってるの?」 

そうこうしている間に空が薄明るくなってきました。 

ルアーをスーパーグラブに付け替え1投目!振りかぶった時に 

「クッ、クン」 

とまた違和感があったのでルアー回収し後ろを確認する為に振り返ると、ついさっきまで闇だった竹やぶは、数メートル奥まで確認できる明るさになっていました。 

竹やぶを直視した時、何故か体が硬直しました。一気に目が冴え渡り何百と生えている太い竹の1本1本がはっきり見えました。 

次に背中から後頭部に寒気がはしり髪の毛が逆立ち、そこから私の体温が郡生している竹の1本1本の隙間に吸い込まれるような感覚に陥りました。 

その感覚の直後に私は、ヤバイ者を見たんです。 

何百と生えている竹の全ての隙間から何者かが私を見てるんです。 
それが、一体何人いるのかと思うくらい…。 

手前の竹から奥の竹まであらゆる竹の重なり全ての隙間から何者かが私を見てるんです。