mikan458A9341_TP_V

父に聞いた話。家の裏山にみかん畑を持っているんだけど
子供の頃、父親(祖父)と二人で畑に行った。

夕刻になり収穫を終えて山道を下っていると、美しい着物をまとった女性が登ってきた。
そのことを父に言うと、血相を変えて「見るんじゃない」と怒鳴られた。

家に着いて、再度聞くと「それは源平女郎(げんぺいじょろう)だ。付いて行ったら、二度と戻れない。」