zubotty20716DSC_4987_TP_V

彼の父がまだ幼い頃、村外れの山道で首吊り死体が見つかった。
壮年の男性で、間違いなく村の者ではない。

骸を引き取りに行った青年たちが、口を揃えておかしなことを言ったという。
曰く、遺体を枝から降ろそうとした時、何か抵抗しようとする力を感じたのだと。
強い力ではなかったが、ちょっと山の方へ引っ張られるような気がしたらしい。

それを聞いた大人たちは、皆が皆、次のように呟いたのだという。
「逃げられなかったんだな」

お父さんは大きくなるまで知らなかったが、その道を更に奥に進むと小さな集落
に繋がっていたそうだ。
十人足らずの本当に小さな集落で、住民は引きこもりのような状態だったらしく、
まったく外との交流はなかったという。
遺体を返しに行った村人たちは、ただ引き渡したと言った後は口を噤んだ。
今思えば、村側もその集落とは関わり合いになりたくない雰囲気だったらしい。

お父さんが村を出るまでに、いつの間にか件の集落は廃れて無くなっていた。
住民がいつ、どこに去ったのか、誰も知らない。