161112215222DSCF7308_TP_V

高校の部活で、キャンプしていた時のこと。
真夜中に場違いな、しかし美しいメロディーがキャンプ地に響き渡った。
慌てて起きた皆の目に入ったのは、割と大き目の薄汚れた箱が一つ。

場の真ん中で、古いオルゴールが音を刻んでいた。
開いた上蓋の内側に、白黒のポートレイトが貼ってある。
はにかんだ様に笑う、幼い女の子の写真。白人らしい。
部の誰にも見覚えがない顔だった。

誰が置いた?と考えてみても答えは出ない。
仕方なく一番下っ端だった彼が、キャンプ場外の森の中へ持って行かされた。
静かにはなったが気持ちが悪くて、なかなかその後は寝付けなかったという。

一時間くらい経った後。
記憶にあるメロディーが、再びキャンプ場に響く。
誰もテントの外には出ていない筈なのに、あのオルゴールが戻って来ていた。
「これ以上手を触れるな。放っておこう」
部長がそう宣言し、皆それに従い無視して寝ることになった。

しかし、音が気になって寝られるものではない。
皆は息を殺して、ただオルゴールの発条が切れるのを待っていたそうだ。
やがて音が間延びし始め、直に何も聞こえなくなった。
やれやれ、やっと寝られる。
ホッと一息ついた、その直後。

 きりっ きりっ きりっ

誰かが、ゆっくりと発条を巻き始めた。
誰も声を発することが出来ない。誰もテントの外を確認出来ない。
ただそのまま、オルゴールの音色が流れてくるのを、黙って聞いていた。

発条はくり返し何度も巻かれたという。
夜明け前になって、ようやく静寂が訪れた。
発条を巻き上げる音も、それ以上は聞こえてこない。
恐る恐る顔を出してみる。オルゴールは姿を消していた。
テントから出て来た部員は皆、疲れて冴えない顔をしていたらしい。

 「・・・オルゴールの音、聞いて貰いたかっただけなのかな」

誰かがポツリとそう漏らした。
何となく、そうかもしれない、そう思ったのだそうだ。