RED21826A04_TP_V

渓流の淵で魚を取ろうとした奴がいた
釣りとかではなく、大型のバッテリーを背負い
ゴム長を履いて魚を「感電」させて浮き上がらせる方法

いつものようにやっていると、1M近い「淵の主」の様なのが身もだえしながら上がったらしい
「なんで採ってこなかったの?」と聞いた知人に
「目が合ったとたんに、すみませんでした!」としか言えなかったと言った

釣りもその猟も辞めたそいつが、焼き魚を食べる時に
「魚にも神様がいるから、大切に食べなきゃだめだ!」と言って骨までしゃぶる

目が合っただけではないと思う・・・