rakusekicyuiIMGL6214_TP_V

私は高知県に住んでいるのですが、先の台風の際、山道を仕事で走っていました。
落石注意のある山道です。

台風の雨風が酷く、夜間と言うこともあり怯えて運転していました。
山道は九十九折りです。右カーブを切ったところ、前方に奇怪な光景が目にはいりました。

上空に巨大な手が現れていたのです。
目の錯覚ではだんじてありません。
手首から先の毛むくじゃらの手で、爪が長く伸び、ごつごつした黒っぽい手です。
爪は牙のようにも見えました。

特筆すべきはその手の大きさで指の先から手首まで10メートルはあります。
手は山肌を引っ掻こうとしています。
私は車を停めてその手の様子をつぶさに観察しました。
無論、怖かったですが・・・

手が山肌を二度引っ掻くと山崩れがドーンと言う音と共に起こりました。
私はただ驚き恐ろしさに震えていました。
その手に気付かなければ、私は山崩れに遭っていました。

これは妖怪の類でしょうか?
それとも何かが私を救ってくれたのでしょうか?
とにかく命があって良かったです。