心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

カテゴリ: 北海道

ユペッに住んでいるパレアシクルと言う者です。不思議な体験をしたんだ。俺は大抵、狩に行く時は若いのを一人連れていくんだけど、そいつは若いのになかなかしっかりしていて気立てもよい、村でも評判なやつで、いつでも一緒に出かけてた。仮にそいつをA君としとこう。 ...

Oさんは俺より一回り年上の42歳 一昨年の6月に俺のいた部署に入ってきた 前職は大手の住宅メーカーでバリバリのスーバー営業マンだったが、 前の年に脳の髄液が漏れる病気にかかり入院、復帰後は内勤に移動になったが合わなくて退職、うちの社長の地元の後輩だったので俺 ...

髪が伸びる人形「お菊人形」で有名。お菊人形は、近くに住む鈴木永吉さんが大正7年札幌市において開催された大正博覧会を見物の帰り、8月15日札幌狸小路の商店で幼い妹菊子におみやげとして買って来たオカッパの胸の鳴る人形であった。しかしお菊はほどなく三歳で死亡。 ...

ドンドン、ドンドン。 玄関を叩く音がはっきりと聞こえた。3人とも聞いた。 定岡が戸を開けっぱなしできたのでわずかに玄関が見える。 これも根拠はないが生きている人間がげんこつでドンドンしているような音だった。 俺たちは3人で手を握り合った。全員まさにガクブ ...

北海道は昭○炭鉱での話。 その昔炭鉱で栄えた町で相当の人数が住んでいたそうだが、俺が友達と馬鹿なキャンプに行った時は既に廃墟だった。 言いだしっぺは定岡で、俺は嫌だといったが、強がりで絶対に引かない田村の性格が災いして、3人でその廃墟に一泊のキャンプに行 ...

ある山にビバークしてクマを追っていた日のこと。突然、傍らで寝ていた相棒の猟犬が立ち上がり唸りだした 「どうした?」と声をかけても、普段ヒグマにさえ怯えない相棒の猟犬が、全身の毛を逆立て、テントの一点を見つめて唸っている これはもしやヒグマの夜襲かと思い、 ...

北海道の渡島半島のとある峠道。 日差しがジリジリと照り付ける中、車内は、クーラーが効かずにかなり暑くて俺はイラついていた。 峠に入ってしばらくして、前にえらい遅い車が居た。 60キロ制限の区間を、30~40キロで走ってるのだ。 周囲に車はなく、2台でトロトロトロ ...

「泣く木」は、栗山町内を流れる夕張川の東側の河畔に江戸時代より生育していた樹齢300年ほどのハルニレである。 ...

↑このページのトップヘ